休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

85 闇の守り人  上橋 菜穂子 著

守り人シリーズ第2巻。
前巻の続きで、バルサがカンバル国へ戻るところから物語は始まる。
そしてカンバルへと抜ける洞窟の中で、2人の子供を闇の守り人から守る。
しかし、これがきっかけで、バルサとジグロの過去にとらわれて歯車が狂い出していく。

これは前の「精霊の守り人」よりも面白かったかも。
著者があとがきで書いているように、バルサが本人の過去と向き合い
事件の中心人物として在り、葛藤を抱えそして結末を迎えるという
重さがあるからでしょうか。

多少無理があるかな、とか思ってしまう点もあったのですが、
ジグロの過去や、バルサの想いなどがつたわるとてもいい物語でした。
そして、この世界観が一気にひろがる物語でした。

山の王の正体、これはちょっと予想できなかった。
すごく面白い。
続編がまだまだあるので、今後も定期的に楽しんで行けそうです。
(2012年3月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2012-03-20 23:40 | 読書

84 少女 湊かなえ 著

人が死ぬ瞬間を見てみたい、歪んだ願望を持った2人の女子校生由紀と敦子。
夏休み、それぞれがそれぞれの想いを抱えてボランティアと、老人ホームで手伝いをし
死を見ることへ手を伸ばしていく。

最終的にいろいろ登場した人物とか集約して、伏線をうまくまとめ、回収した終わりになってます。
が、「告白」のような緊張感がなかった。
ああ、なるほど。そんな感じで終わってしまった。
面白くないわけではないんだけれど、それほど後に残らない内容でした。

ただ、生徒のなかには裏サイトって本当に存在するのかなあ。
最近の中高生って、自分とは年も離れすぎて、また接点がないから関わることもなさすぎて
全然わからない。

(2012年3読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2012-03-20 23:29 | 読書

83 FINE DAYS  本多 孝好 著

短編集。
恋愛小説とあるけど、なんかそんな感じじゃない。
どこか死の香りも漂う、そして文章がいかにも本多氏らしい。
淡々としてるんだけど、暖かさがある、センスとテンポの良い文章で引き込まれます。

FINE DAYS
イエスタデイズ
眠りのための暖かな場所
シェード

老婆が昔話を聴かせるシェードが新しい感じがして好きかなあ。
でもイエスタデイズ、先は読めてしまうんだけど一種のタイムスリップ物語
死に際の父親の依頼で、父親の元恋人探しの依頼を受ける主人公。
そして出会ったのが、当時の父親とその恋人・・・
設定はありそうな感じがするんだけど、会話なんかがとてもセンスが良くて
引き込まれてしまいます。
ただ、これは苦手な人は苦手かもしれません。

本多氏の短編は今までいくつか読んでるけれど、すごく良く出来ていて
読んでいて心地よさを感じます。
透明感、って評されるけどこれもよくわかる。

今作はすこし怖い感じもある気がしますが、割りと出来はよいです。
(2012年2月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2012-03-10 01:10 | 読書