休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

64 ぼくが愛したゴウスト  打海 文三 著

一人で行ったコンサートの帰り、駅で人身事故に遭遇してしまう主人公翔太。
その後、自分の周りの臭いの違いに気がつき、そこは自分の世界とは違う世界だと
気がつく。

パラレルワールドに迷い込んだ少年と、もうひとりのおっさんの物語といえば
ファンタジーなんだけど、それだけじゃない。
この空気感がなんというか切なさとか、怖さとか、美しさとか、なんとも言えないたくさんのものを
内包しています。

戻れるか、戻れないか。これも重要なんだけど、
この物語の、作者の提示したラストが意外で、でもなんとなく納得いくような。
そして読者にそれぞれ、その後の展開を好きにしていいというような、
美しい仄かな香を残しています。

終盤の展開自体(経年過程とか)が、急すぎるような気がしたけど、
伊坂幸太郎が推薦している意味というか、物語性の雰囲気とかすごく好きでよかった。
(2011年8月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-09-12 00:26 | 読書

63 殺人鬼フジコの衝動  真梨幸子 著

10数人を殺害したフジコ。
殺人鬼の始まりから、その終幕までの救いのない物語。

幼少の頃、一家惨殺事件に巻き込まれ、一人生き残ったフジコ。
もともと親より虐待を受けており、叔母の家で育てられ、歪み、
そして殺人へと向かってしまう。

暗い物語なのは、言うまでもない。
引き込まれて、一気読みしてしまった。

グロいとか、そういうのは少なくて、
誰でも人生の道をひとつ踏み外したら転落してしまうんだと
そう思うような物語です。
そしてあとがきまでが物語。

貧しさを抜け、金銭的に裕福さと手に入れてさえ、結局は狂ってしまった
フジコの転落ぶりが痛々しいほど伝わります。

文章は読みやすく、はまる要素はたくさんなるので、
心に余裕のある方にはお勧めです。
(2011年8月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-09-12 00:16 | 読書

62 サクリファイス   近藤 史恵著

日本では馴染みないスポーツである自転車ロードレース。
チーム戦ではチームのエース以外はすべてアシスト。
エースが勝つためには勝利を譲る。そんな紳士なスポーツ。

主人公白石はチームオッジに所属し、そこでエースの石尾のアシストを勤める。
しかし石尾には以前若手のホープをつぶしたとの噂が。
あるレースでひょんなことで実績を残してしまった白石。
石尾は、白石をつぶしに来るのだろうか、白石はエースになるのか、アシストとして
チームを支えるのか。
そんな中、惨劇は起きる・・・。

STORY SELLERで外伝的な短編を何部か読んでいたので
結構すんなり読めました。
恋愛的な要素もあるにはあるんだけど、ここだけが余計だったかな。
あとは文句なしで面白い。

石尾のかたくなさ、ストイックさって言うのがひとつ鍵になっていて
最後に少しミステリー的な謎解きがあるんだけど、
それ以外はスポーツ小説として読みやすい。
何より未経験なスポーツなのにわかりやすい。

いい話でした。
いくつか続編が出てるようなので、機会があれば読みます。
(2011年8月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-09-12 00:08 | 読書