休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

61 黒揚羽の夏  倉数 茂 著

都会で生まれ育った千秋、美和、颯太の3人兄弟が両親の都合でしばらく母親の実家、
7つまり田舎で過ごす夏の物語。
自動車泥棒、水死体、鉱山問題、誘拐事件、思春期の悩みなどなど盛りだくさん・・・。
第1回ピュアフル小説賞「大賞」を受賞作品。

これは本屋で見つけて、結構プッシュしてたので購入して読んだのですが、
内容としてちょっと詰め込みすぎな感がありました。
そしてなにより筆力、これが決定的に不足している。
読んでいても引き込まれることがなく、なかなか読むのがすすまない。
そして内容がてんこ盛り。
設定がおもしろいだけに、少しもったいないなあ、っていうのが率直な感想です。

千秋が同性愛に悩むあたりの表現、不必要だと思うし。

というか内容の詳細はもう忘れてしまった・・・。

(2011年8月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-08-22 23:54 | 読書

60 神様のカルテ 夏川 草介 著

夏川草介のデビュー作にして大ヒット作。
第十回小学館文庫小説賞受賞作と2010年本屋大賞第2位。
そして今夏映画化。

とまあ話題の本です。

舞台は信州、松本にある病院。地域医療の問題と、それに立ち向かう主人公・一止。
また一止を取り巻く個性豊かなキャラたち。

医療の問題点という点では取り上げてはいるが、医療ドラマとして深く掘り下げているわけではない。
あくまで、娯楽という範疇であると思う。
文体も、主人公が敬愛する夏目漱石風だし、これがまたなんとも森見的というかなんというか、
かたいんだけど、森見ほど漫画的ではない。
そして愛すべき細君、ハルがかわいい。

ラスト近い場面で、病院の屋上から山々を眺める場面がとても好きです。

物語としてはよくできています。わかりやすいです。
医療の物語であるから、生き死にの場面もありますが、素敵な物語でした。
(2011年8月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-08-16 22:36 | 読書

59 書物狩人  赤城 毅 著

たかが本―だがそこに書かれたことは時として大企業を破滅に導き、国家を転覆させることもある。
錚々たる依頼人の願いをうけ、世に出れば世界を揺るがしかねない秘密をはらんだ本を、
合法非合法を問わずあらゆる手段を用いて入手する「書物狩人」。
歴史の闇に隠されてきたその足跡が今初めて語られる。
(amazon紹介文)

赤城氏の本は、昔に「遊戯」シリーズを読んで以来だから、7,8年ぶりかな。
博識であり、とくに歴史物にはつよい。そしてこの作品は、文庫化を待っていました。
ともったら、去年発刊されてたみたいでして、見落としていました。
そしてそれをエンターテインメントとして昇華させた作品を書いてくれます。
近作の「書物狩人」も、とても楽しく読めました。

ル・シャスール、フランス語で「狩人」の異名を持つ(自称?)主人公としたナカライが
主人公の短編集。
JFK暗殺にまつわる教科書、ヴァチカンの探す写本、ナポレオンの遺髪を隠した蔵書、
中国の「秘史」。

物語のほとんどが歴史的事実を基に作成されているそうで、創作物語としてはとても良くできています。
ナカライ氏がなかなか掴みどころのないキャラであるのだけれど、
レディBがセクシーで良いです。いいキャラです。

しばらく続編も出ているようなので、今後も楽しみです。
(2011年7月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-08-16 14:00 | 読書

仮面ライダーOOO 将軍と21のコアメダル(ネタバレあり)

オーズの単独映画なんです。
初日に見てきました。
もちろん、戦隊、ゴーカイジャーとセットです。

結論から言うと、個人的にゴーカイジャーもオーズもとても残念なデキでした。
ゴーカイジャーはまあ、いいとして、オーズ。

ご都合主義であり、なんか内容も面白くもなく、
物語が今年の6月ってことで、現在の物語とずれてるし。

内容は、鴻上社長が掘り出した錬金術師ガラが復活してしまい、世界と東京と、時代を超えて大変なことになってしまい、
映司とアンクも巻き込まれて解決するという物語(はしょりすぎ・・・?)
その中で徳川吉宗(暴れん坊将軍です)が出てくるし、そのまま暴れん坊将軍だし、「俺は徳田新之助」なんて
TVと同じ台詞をいう新さん。かっこいい(ちがう)

いきなりコアメダルをほとんど奪われてしまいオーズに変身できなくなるっていう設定からしてだめだ。
戦闘で状況に応じて細かいフォームチェンジをするのがオーズなのに、それができない。
コンボすらできない。この時点で魅力半減。
それを補える物語の内容でもない。
映司バースは面白かった。でも、気に入らなかったのは
アンクが身を挺してメダルになって変身したタトバコンボ、その後に参戦した新さんにすべて持っていかれてます。
ちゃんと暴れん坊将軍の音楽もBGMとして流れてるし、ガラの尖兵もやっつけちゃう新さん。

最後のガタキリバからのオールコンボて、何それ???
バースデイ、でてないし。
ブラカワニは、まあいいです。今回だけだから。

よかったところは
唐橋マンのゲスト出演。
暴れん坊将軍のCM。
伊達バース。

フォーゼは・・・・やっぱりダサい。かっこ悪い。
ロケットパンチ、なんだあれ・・・。

オーズ、本編は好きな内容だし、好きなライダーだから非常に残念。
ムービー大戦COREも、オーズ編だめだったよなあ(井上脚本があかんか?)
レッツゴーライダーはまだよかったけど。

冬のムービー大戦のCMも入ったけど、これも定番化しちゃうんだね。


個人的にはなんかとても残念な気持ちになっちゃった映画でした。
[PR]
by londonpunksbell | 2011-08-08 00:19 | 映画

58 天竺熱風録 田中 芳樹 著

物語は唐の時代、天竺。

王玄策は大宗皇帝の命を受け、一路天竺を目指す。
だが、天竺の名君、戒日王は死に、王位は簒奪されており、また王玄策一行も捕まってしまう。
牢からなんとか抜け出し、たどってきた諸国へ赴き、捕らわれの仲間を助けるため
挙兵する王玄策の物語。
彼は3度天竺へ往復している(玄奘三蔵法師は1回?)

歴史に基づき、語られる冒険活劇。
しかも、著者らしからぬ文体で語られる本編は新しさを感じた。
(これにはこだわったようだ)

著者の言うとおり、これはエンターテインメント作品だ。
著者の脚色、というかキャラつくりの妙もある。
確かに面白かった。

あまり知られていない史上の偉人とは、まだまだたくさん埋もれているんだろうなあ。
(2011年7月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-08-04 00:15 | 読書

57 儚い羊たちの祝宴  米澤 穂信 著

ストーリーセラーに収録されていた「玉野五十鈴の誉れ」を読んで以来、
はやく文庫化されないかと待ちに待っていた作品。

短編集。
そして最後の1行で真相が語られる物語。
(フィニッシング・ストローク)

一応すべて別個の話だが、すべての物語で「バベルの会」なる読書サークルが
何らかの形で登場する。

舞台は昔の日本。昭和初期?もっと前?明確ではない。

暗い物語が多いが、ぞくぞくする物語が多い。
最後の、「儚い羊たちの晩餐」にて物語は終わりを迎えるが、
これはあらたなバベルの始まりの物語。
ぜひ、続刊を期待したい。

一番良かったのはやはり「玉野五十鈴の誉れ」
黒い米澤作品は、すばらしい。
(2011年7月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2011-08-04 00:04 | 読書