休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

グラスホッパー 伊坂幸太郎著

妻を交通事故で殺された鈴木の復讐劇に、二人の殺し屋の鯨、蝉の合計3人の
男の話と「押し屋」の物語。
物語は鈴木、鯨、蝉の順で語られ、まあ、いつもの伊坂ワールドです。

この本がすごく読みたくて、でも伊坂ワールドは作品間のリンクがあるから
ある程度順番に読んできて、やっと読めた作品です。

感想としては、イマイチ。
でもつまらないわけではなくて、面白いんだけど、伊坂節に慣れてしまうとイマイチ。
最後の畳み込みも、なんか個人的にはイマイチ。

設定とか進行とかすごくいいのに、慣れているのかなんなのか。
確かにこの本を伊坂作品の1号として読めば大絶賛していたかもしれない。
だから面白い作品であることは確かなんだけどね。

もう少し話を混ぜ込んでくれてもよかったかも。
物語の中は、多分2日くらいしかたってないはずだから、
もう少し時間を動かしたほうがよかったんじゃないかなあ。
(2010年6月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2010-06-19 00:55 | 読書

さよなら妖精 米澤 穂信著

舞台は1991年の日本。
雨の中でユーゴスラビアからきたマーヤと出会う主人公たち。
日本の高校生とマーヤが過ごした数ヶ月。
日常に潜むミステリ。「哲学的意味ありますか?」、戦争・・・
物語は1992年から振り返る形で始まり、終わる。

これがなかなか入り込めなくて読みきるのに時間がかかってしまった。
面白くないことはないんだけど、なんか引き込まれなくて。
主人公が高校生たちなんだけど、この子達が結構物知りで、
まあなんというか、そんなやつらいねえだろ、そんな気がして
ちょっと読みづらかった。

ラストはなんとなく予感できるし、個人的には面白みが少なかったかなあ。
殺人事件とかそういうのはないです。

ユーゴスラビアに関しては詳しくなれます。(2010年5月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2010-06-17 23:29 | 読書