休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ここ最近の読書

昨年の秋ごろから月に1冊、年に10冊は本を読もうと決めて半年くらい。
最近はちょっと活字中毒的な感じになってきました。

そもそもきっかけは「伊坂幸太郎」が気になったことから始まっているんですけど。
ここに感想記事にするとめんどくさいからまとめて書いていきます。

1 薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者 田中芳樹
舞台が夏の軽井沢。そこで例のごとくお涼が大暴れ。
でも以前海外で大暴れしてるので、なんとなく身近な舞台設定が
スケールダウンした気がしてなりませんでした。
でもまあ、なんというか、悪く言えばいつも通りな感じかなあ。
面白いけど、あまり後に残らない感じ。(09年10月読了)

2 魔王 伊坂幸太郎
初めて読んだ伊坂本。これは最初に読むには失敗だったかと思った。
設定はすごく良い。
「自分の思ったことを相手にしゃべらせる」という特殊能力に気がついた主人公(とその弟)。
ギアスみたいだ。
ただ、社会問題といえば格好はいいが、著者の政治思想を前面に出しすぎた
物語になってしまい、娯楽性が少ない。
「魔王」「呼吸」の二作品収録で、「呼吸」は魔王の主人公の弟の話。
こちらも少し不思議な能力があるみたいなんだけど、
消化不良な感が強かった。(09年11月読了)

3 週末のフール 伊坂幸太郎
地球に隕石が衝突する事実が8年前に判明し、その5年後、つまり残り3年。
3年で地球が消滅してしまう。そんな時期の仙台のある住宅地の人々を主人公とした短編集。
これは面白かった。暴動、混乱もひとしきり収束したあと、それでも生きている人々の物語。
「生」というものを見つめた骨子で、読みやすかった。(09年12月読了)

4 バスジャック 三崎亜紀
「となり町戦争」の著者の2作目。短編集。
ややブラックジョークな、というか毒気がある話が多いですが、
最後にある「送りの夏」が個人的には良かったです。
ラストは予想できていたけど、不思議な話なのに、じんわりきます。
これも「生」、それから「死」というものを題材にした話なんだよなあ。
異質だけど。表題の「バスジャック」も面白かったです。展開は
読めちゃうけどね(10年1月読了)

5 オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎
著者のデビュー作品。
仙台から少し離れた荻島を舞台に、コンビニ強盗を失敗した主人公伊藤、未来を予測してしゃべるカカシ、
そして個性豊かな島民たち、そして未来が見えるのに殺されたカカシ、殺人事件・・・と非現実的な要素を持ちつつも起こるミステリー作品。
最後の最後でいくつもの複線が回収され、見事に話がまとまります。
話もテンポよく進んで、読みやすい。
そしてなにより、これが著者のデビュー作。
伊坂ワールドは、作品間でリンクしているものが多数あるので、これから読み始めなければ
いけなかったなあ、と。いや、特に問題はないのですけど。
この主人公の伊藤、そして「未来は神様のレシピでできいる」とか、他の作品にもスパイスとして
出てきます。
デビュー作としては申し分ない以上に面白かったです。(10年2月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2010-04-29 23:31 | 読書

ゆらゆら帝国 解散

馬みたいな車と
車みたいなギターと
ギターみたいな女の子が
欲しい・・・


正直、解散は悲しいです。
もう解散から10日ほどたったから、なんとなく書こうかなとおもいました。

ここ最近はあまり聞かなくなってたんだけど、
ちゃんとオリジナルラストアルバム「空洞です」もipodには入ってるし。

確かに直近2作品あたりは、それまでのサウンドとは変わってきていて
突き抜けたロックンロールではなくなってきてはいたけど、
それでもゆらゆら帝国しかできないというか、ゆらゆら帝国がやるからかっこいいサウンドだった
思うんだよねえ。
「ひとりぼっちの人工衛星」とか泣けるし。

ここ最近、ベストなんかで聞き返していたんだけど、
やっぱり中毒性は高いし、クオリティ高いから色褪せない珠玉の曲ばかりで、
ライブそのものにそもそもいけてはないんだけど、
寂しいかぎりです。

青春だったのかどうかはわからないけど、大好きなバンドでした。

ありがとうございました。


馬みたいな車に乗って
車みたいなギターを弾いて
ギターみたいな女の子のヒザの上で歌う

グレープフルーツちょうだい・・・
[PR]
by londonpunksbell | 2010-04-10 16:23 | 音楽