休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ゴーストシップ

タイトルまんまの幽霊船のお話です。

だけどこの映画、すごくいまいちな作りとなっていて
幽霊船と遭遇してその散策をしてって、前半部はなかなかおもしろい。
でも後半、話がへんな方向へと進んでしまい
なんかすごく悪い物語へとなってしまいます。

幽霊相手のホラーだったらすごくおもしろいんだろうけどねえ。

冒頭部のシーンはかなりすごいのですが、
後半のね、というか物語の核をへんな方向へ持っていってしまったのは
残念。
続編つくりそうな終わりかただし。
続編つくっても絶対おもしろくないと思います。

ロードオブザリングにでてたカールアーバンしかしらない役者ばかり
だった…。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-30 23:36 | 映画

NHK…

昨年から話題というか問題が表面化しとうとう会長が辞任にいたった
NHKですが、その元会長海老沢氏が顧問に就任と
報道発表されました。

これを見て、聞いて、一般の人はどう思うでしょうか。
私などにしてみれば「ふざけるな」とムカっと来てしまいましたが。

信賞必罰という概念から行けばもっと早く海老沢氏は
会長職を辞任すべきだったのです。
それが今後の立て直しをはかってから辞めるなどと見苦しいことを
した挙句、結果がこのざまです。
本人としては辞めなければいけないとは思っていなかったのでしょう。
しかし世間的にそうは行かない状態であることを「教えられ」
ならば顧問として居座ろうとの浅慮したのではないでしょうか。

受信料の未払いの多さが、国民の怒りを如実にしているのです。
国営放送ですから国民のお金で成り立っていることを
肝に銘じておいて欲しいところです。

私などはあまりテレビを見ないので本当に受信料に関しては
腹立たしいばかりです。
規模を縮小し、国民にも受信、不受信の自由というものを与えてみると
いいと思います。
現在の半分も徴収できればいいところではないでしょうか。
しかしそうはいかないので、NHKには
節 度 あ る 行 動をとてもらいたいものです。

ただこれを書いているに当たり、顧問辞退の報を見ました。
本人の意思かどうかは別として、NHKとしてはその歴史上に
汚点を残すことは避けれたようです。

ただ、顧問に海老沢氏の名前があがり、、、という事実は
国民に知られてしまったという周知は免れなかったですが。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-28 23:37 | コラム

iTunes ラジオ

最近はPCを使っているときにiTunesでオンラインラジオを聴いております。
ネットラジオです。

ネットラジオはRealPlayerとかMEDIAPLAYERでも聞けるはずですが
iTunesを利用。というのも最近音楽ソフトはこればかり使ってるから
なんですけど。

聞いているのはすべて海外の放送で、
ジャンルはそれほど凝っていません。
気分で選びますが、だいたいオールディーズばかり。

ストリーム放送なので回線を気をつけて選ばないといけないんですが
まあたいていは安定してますので128kbpsでもそうそう途切れることは
ありません。

ネットラジオ、結構おもしろいです。

あとiTunesのいいところは、ミュージックストアに接続すると
いろんなアーティストのPVがタダで見れてしまうところ…。
購入するにも1曲あたりの音源単価も安いですしね。
ま、買ったことはないですけど。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-27 23:37 | 音楽

「「分かりやすい説明」の技術 藤沢晃治著

最強のプレゼンテーション15のルール。
講談社のブルーバックスです。

「分かる」とはどういうことかにポイントをおいて、
「説明」というものを具体的に見直して再構築する。
その時点で支柱になる15のポイントを論述されています。

この15のポイントを自然と身につければ、説明がレベルアップすると
いうものなんですけど、
なるほど、自分も注意しなきゃなと思う点もありました。

説明とは「情報」を相手に刷り込むわけですから
難点ばかりの説明では相手の記憶装置に入っていかないと。
そして「情報」を整理もせずに与えることは時間と体力だけの浪費に
なってしまう。
うまく説明するにはまず自分のなかで手順を踏んでおかないと
伝わる事が減少してしまうという事です。

ここでいくつも記事を書いてきていますが、
すべて下書きをして、起承転結を考慮して書いたら
もっといい文章になるんだろうなあ、なんて今思いました(笑)。

まあ、口で説明するのは文章で書くより直接的に聴覚に訴えかけるから
受け取り側の感覚は違うんだろうけど。

この15のポイントを押えるだけでも、得るものは15以上あると思います。

口下手だと思っている方には楽しめるかもしれない本です。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-24 23:38 | 読書

黄泉がえり

草薙剛、竹内結子主演。
柴崎コウが歌手としてのみ出演。
九州の熊本かな、舞台は。

亡くなった人が次々黄泉がえってくると。
そのなぞを解き明かそうと草薙が奔走。
奔走じゃないか…。
で、最後にちょっとしたオチがあると。

正直おもしろくなかった。

見所は最後の柴崎コウの後ろでキーボードを弾いている村井克行さん。
この人は555で村上社長を…。
あとは相川翔さんかな。

いや、これはホントにおもしろなかった。
草薙さん、顔気持ち悪いし。なんか変にテカってるのか
なんなのか。
化粧のせい?
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-23 23:38 | 映画

ブエナビスタソシアルクラブ

ヴィムヴェンダース監督のドキュメンタリー映画。

キューバ音楽なんですけど、今まで聞いたことはありませんでした。
興味はすこしあったくらいで、手を付けてなかったジャンルなんですけど
この映画は現存するキューバの巨匠たちのドキュメンタリー。

登場してくる人たちがみんなおじいちゃんとかおばあちゃんと
言ってしまっても怒られないくらいの(笑)人たちで、
かっこいい人たちです。
みなさん、若い。

とくに書くことはないんですけど
こういう伝統を映像で残すというのは良い事ではないかなと思います。

ただ多少の興味がないと本当につまらないムービーだと思います。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-22 23:35 | 映画

スクールオブロック

ジャックブラック主演のコメディです。

ロックを愛するでぶなおっさん(g)がバンドを首にされ
ルームメイトの名を借り、進学校(小学校)の教師として
大暴れ。
教師として彼がやったことは小学生にロックを教え、小学生と
バンドを組み…というハチャメチャな内容。

でも基本的に笑ってみてられるのでおもしろかったです。
ロックといってもHRなので、さらに笑えます。
「ア”ーーーーーーー!(高音)」とか叫んでます。

しかしオーディションをクリアしてきただけあって
小学生の子供達がものすごく楽器がうまいのと、主役のジャックが
濃いのがかなりつぼにはまります。

まあ暇なとき、笑いたいなあと思ったとき見るといいかも。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-19 23:35 | 映画

面接力 梅森浩一著

今年の目標にできるだけ読書をしようと考えています。
ジャンルは問わず活字に触れる機会を増やしたいなと。


この本は新書版で文春新書で発行されています。
今まで新書版はあまり読んだことがないのですが(多分4.5冊)、
結構内容的には興味ある本が多かったので手始めに二冊買いました。
その一冊がこれです。

タイトルからして面接のHOW TO本に見えそうですけど
これは面接だけでなくビジネスマンとしての対話能力自体に
着眼点を置いて書かれています。
もちろん面接に対する本、でもありますけど。

昨年親友の紹介で読んだ対話能力の本(いずれここに書くかもしれませんけど)
を読んだんですけど、それはどちらかというと
考察力を主体としていた気がします。
そして本書もそれに順する部分はありますが
コミュニケーション能力、つまりは対話における能力を
述べている部分が大変おもしろかったです。

アメリカ式の面接方法、インタビュー方法について書かれた部分は
結構興味深く読めました。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-18 23:36 | 読書

スパイダーマン

サムライミ監督の2002年のヒット作。
やっと見たんだけど、なんというかあんまり後味が良くないというか
次作も作りやすいような終わり方ですね。

なんかスパイダーマンがマンガ見てるみたいな感覚に陥りました。
それとマトリックスの影響って、以降のアクション映画みてるとすごく
出てるんだなあって思いました。
この映画も然り。

まあ娯楽映画としてはまあまあなんじゃないかな。
内容はそれほど重要じゃないのかな。

2の方も多分見るでしょう。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-17 23:36 | 映画

ムーンチャイルド

年末に見たものですが、
ガクトとハイドの二大スター(?)の競演映画です。

ガクトは脚本、ストーリーにも携わってます。
内容は近未来、アジア圏の一都市マレッパを舞台にヴァンパイアのハイド
と人間のガクトをはじめ、その周りの人間の生き方や友情やらを
軸に物語りは進んでいきます。

正直、内容はそれほどでもないです。
そして一番言いたいのは、両主役の演技力のなさ…。
100歩譲ってガクトはまだ許せる、まだ。
ハイドはひどい。
ちょっと痛々しい…。

おふた方のファンであれば楽しめます。
一般人にはオススメしません。

ただ脇役が結構よかったけどね。
[PR]
by londonpunksbell | 2005-01-15 23:33 | 映画