休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:TV( 3 )

R2

今春から放送されている「コードギアス反逆のルルーシュR2」。
ハマっております。

前作「コードギアス反逆のルルーシュ」の続編であり
完結編である今作。
内容の濃さと、展開の速さは尋常じゃない。

簡単な内容
主人公ルルーシュは元ブリタニア帝国の結構皇位の低い王子様。
世界はアメリカがなくてブりタニアという帝国が世界を牛耳っている近未来。
新兵器ナイトメアフレームにより、日本は瓦解。

日本はブリタニアに侵略されてエリア11という呼ばれ方をされて、
日本人はイレブンと呼ばれ、ブリタニアの支配下に。
幼い頃に母親を何者かに殺され、
廃嫡されたルルーシュは妹ナナリーとともに日本の外交のため
送られ、そこでブリタニア(というか皇帝・親父)に恨みをもったまま成長する。
ブリタニアをぶっ潰すことを胸に誓いながら。

ひょんなことから謎の女CCを助け、ギアスという何者にも命令を下せるという
不思議な力を手に入れたルルーシュは、ゼロという仮の姿(仮面の姿)にて
その力を元にブリタニアに反逆開始。
私設軍隊黒の騎士団を結成。エリア11において次々と反逆。
まず兄のクロビス殺害、なんやかんやで姉妹のユーフェミアも殺害にいたる。
目が見えず、足の不自由なナナリーのためにやさしい世界を作ろうと心に決めた
ルルーシュのすごい話。
第一部はなんやかんやで途中で終了。

R2になり、その一年後の話スタート。
皇帝によって記憶を奪われたルルーシュを黒の騎士団残党が救出。記憶復活。
世界を巻き込んだ反逆再スタート。
謎の弟ロロも参加し、いろんなキャラが増えては減って、いよいよブリタニアと
東京で第二次決戦。
そこでブリタニアに撃たれた新兵器フレイアでいろいろあぽん。
仲間にもゼロの正体がばれて、さあ大変。


残すところ後数話。
謎もまだまだあります。
今後の展開を考えてもどう転ぶか分からない辺りがすごい。
いろいろなエンディングは考えられますが、
ルルーシュは何かしらの罰を受ける形で終わるんじゃないかなあ、と思ってます。
だって、なにはともあれ、たくさんの命を奪ってしまっているからね。
あとラスボスは皇帝じゃなくてシュナイゼルじゃないかなあなんて思います。

お気に入りは紅蓮。あの機体はかっこいい。
[PR]
by londonpunksbell | 2008-08-20 22:26 | TV

仮面ライダー電王 

この前の日曜日で見事完結した「仮面ライダー電王」
それについて書いてもいいよね?答えは聞いてない。

ということで一年にわたったデンライナーの旅も終着駅でした。
平成ライダーには今までなかったギャグ路線。
しかも泣ける電王、ある意味平成ライダーでも特異な存在ではあるのですが
あの最終回まで到達した人には、かーなーり印象の強い、忘れられない
作品になったことは間違いないと思います。

なんていたって、今作はしっかりとキャラがたってるから、
視聴者の想いも強い作品だったと思います。
もちろん私も例に漏れず。

やっぱり良太郎を囲むイマジン(タロウズ)のインパクトは強かったし、
タロウズを手なずけてた良太郎も想いが深いし。
イマジンは声優さんとアクターさんのGJ!でしたが
野上良太郎を演じた佐藤健君も演技力も確かなものです。
そしてなにより、脚本がいいこと。

この作品には何度か泣かされましたよ、ほんと。
子供番組とか言って馬鹿にする人は一度見てみるといいです。
泣けるでぇ。

リアルタイムで毎週楽しみにしてると本当充実してた一年でした。
グッズや映画など、商業的にも良い結果を残したみたいですし。

んで最終回。
やっぱり泣けました。

最終三話は毎回涙腺緩みっぱなし。
やっぱり結末が見たい気もするけど、終わって欲しくない、
彼らと別れたくない想いってのは強かったです。
最後はハッピーエンドで本当良かった。
アンハッピーな終わり方も出来た作品だけど、最後にジークまで
出てきたのは感無量でした。

なんだろうなあ、この気持ち。
始まる前はすごく不安だったけど、いつの間にかどっぷりはまっちゃって。
ま、毎年のことだけど。
前年のカブトが特にシリアス路線で引っ張りとおした作品だっただけに
いい意味で緊張感なく見れたのもあるかな。

最終回見て、イマジンズが歌ったCLIMAX JUMP聞くと泣きそうになっちゃう。
しかも最終回の最後でもギャグを忘れてないし…
(モモタロスのどっきりのプラカード?、卑怯だよなあ)

この作品に出会えたことが幸せでした。
大人も子供も安心して見れて、楽しめる作品でした。
(平成ライダーは内容が難しいのがあるので)

未来で会おうということで分かれた良太郎とイマジンズですが、
またあえる日を楽しみにしてます。
(続編を春にDVDで出してくれるのはうれしいです。まだ公式発表はまだですが)
うーん、今年も東映に釣られてみる?

とにかく関係者の皆さん、お疲れ様でした。
素敵な電王、ありがとうございました。

最後までクライマックスだぜ。
[PR]
by londonpunksbell | 2008-01-22 00:47 | TV

エウレカセブン

はい、アニメです。
2005年から2006年にかけて放映されたSFロボットアニメです。
http://www.eureka-prj.net/

全50話、見ました。

レントンサーストンという少年とエウレカという謎の少女を主人公に、レントンの成長を描いたアニメでした。
LFOというロボットに乗って、成長していくのです。

しかーし、これが奥の深いアニメで、結果はまって見てしまいました。

戦争、宗教、音楽、スポーツ、サブカルチャー。

レントンはゲッコーステイトという反体制の組織(?)に入るのですが、
もともと彼のお父さんは英雄として名をはせた人。
しかし、結果としてレントンは反体制のグループに属してしまいます。
そこでレントンはそれまでの退屈していた日常と違う世界を見て成長してきます。

オシャレなだけではない、たくさんの問題提起もありつつ深いところをついているアニメでした。
リフという空中をボードでとぶという発想も斬新でした(スノボで空を飛んでいる感じ)

登場人物の名前や機体が音楽関係のものから拝借していたり、
話のタイトルが曲のタイトルだったり、
流れる音楽がかっこよかったり(スーパーカーとか、最終話の電気グルーヴは最高だった)、
絵が恐ろしいほど綺麗で、嫌味がない絵だったり。

元ネタが分かるとにやりとしてしてしまいます。


というか、これは久々のヒットです。
最後は一気に見てしまいました。

ロボットというとガンダムとかエヴァンゲリオンとかイメージされますが、
少なくとも後者の影響はあります。
が、それを補えるほどの緻密な設定とオバカさもあります。

26話 モーニンググローリー(オアシスやん)
48話 バレエメカニック
は特に感動しました。


BONESという制作会社、結構好きです。

ちなみに、アニオタではありません。
(嫁にはオタクと言われていますが)


ということでこれを見たやつは見ろ。
[PR]
by londonpunksbell | 2007-03-27 00:21 | TV