休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

91 WILL  本多 孝好 著

葬儀屋森野のお話。
旧作「MOMENT」のあとの話に時代設定がされていて、森野も30才手前。
連作短編の構成で故人と遺族の間のちょっとした謎解きと、心温まる物語。
前作読んでなくてもこれだけでも読めます。

個人的には「空に描く」がよかったかなあ。
森野の高校の同級生佐伯杏奈。父親が亡くなり、葬儀を森野葬儀店で取り仕切った。
その後、甥っ子が死んだ父親の幽霊を見たという。そして生前書いた絵が佐伯のもとに届く。
そこに描かれた絵を佐伯杏奈の生誕の秘話を森野が解き明かしていく。

なんかバッドエンドな気もしたけど、エピローグ含め、素敵な物語でした。
ただ、またも扱っているのが人の生き死に、というか死なんで、
軽々い話ではないんだよねえ。

でも本多孝好のこういった話、好きだなあ。
(2012年5月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2012-05-31 00:06 | 読書