休みが欲しいにゃ


by londonpunksbell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
日記
コラム
競馬
映画
音楽
PC/GAME
読書
TV
ラーメン
未分類

以前の記事

2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
more...

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

イメージはマンボ
from EDITORIAL DAYS
Wii ! 任天堂 Wi..
from Wii 最新情報!
ディープインパクトが来ま..
from 投資競馬で億万長者になる方法!!
第23回マイルチャンピオ..
from CFO(最高財務責任者)のお..
生々しい言葉で業界騒然!..
from 14才の母|志田未来ファンブログ
パイレーツオブカリビアン..
from devorrag
競馬商材の中身暴露します!
from 競馬商材判定屋
週給25万円馬情報
from 週給25万円馬情報
皐月賞、皐月賞と言うけれ..
from 日々徒然なるままに [自由人..
結婚までの準備、結婚の常..
from 結婚アドバイス★指輪,式,招..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

82 八日目の蝉  角田 光代 著

2011年に映画化された物語です。
不倫相手の赤ちゃんを連れて逃げてしまった希和子。
そして3年に及ぶ逃亡と母子の生活が始まる。
後編は大人になった薫(赤ちゃんね)は千草と出会う。
千草はかつて幼児で逃亡中にエンジェルホームでともに過ごした過去があるという。


NHKでドラマ化されており、なんの気なしラストだけ見てしまい、
なかなか読む気になれなかった本です。読みたかたんですけど、最後を見てしまっただけに
踏みとどまっておりました。

文章にスピード感があるのか、世界観が興味を引くのか、結構一気に読めてしまいます。
確かに犯罪を犯し、結果として罰を受けることになる希和子ですが、
薫とすごした数年は幸せを感じることと恐怖との板挟みで読んでいてかわいそうになります。
かわいそう…ではないか。
突発的な誘拐の背景は、希和子のそれまでの生い立ちや不倫の結果などにあるんだけど、
たしかにその後の希和子は薫の母であったことに、間違いはない。

育児の幸福と苦労と逃亡と捕まるかもしれないあという恐怖。
幕切れはあっけなかったですが、捕まった時の叫んだ言葉、
あれは母親だからでた言葉なんでしょう。
(2012年2月読了)
[PR]
by londonpunksbell | 2012-02-25 00:38 | 読書